Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

二日前に我が家の家族(猫、男の子、年齢約3歳)が様子がおかしいとのことで病院に連...

二日前に我が家の家族(猫、男の子、年齢約3歳)が様子がおかしいとのことで病院に連れていきました。(私は普段仕事でほぼ家にいないので家族からメールがきてはじめて知りました)急いで病院に連れていき診断は尿毒症とのこと。自力で排尿が出来ず(鮮血な血尿を垂れ流しています)うんちは三日間してないです。ご飯も食べれず少量の水なら飲めます。体温がひくく36度くらいしかありません。二日間病院に行き皮下点滴をしました。2回目の点滴の時は弱っているのに先生を驚かすくらいの悲鳴でギャー!!!と泣きましたごめんね、ごめんね。痛いよね、辛いよね。と言いながら撫でていました。そして今日で3日目になります。呼吸はとても浅く短いです。辛うじてヨタヨタと歩いては倒れ込むように床へ寝ます。低体温症が怖いのでホットカーペットを買ったのですがどうしても嫌らしくすぐにヨタヨタと力ない足取りで何故か冷たい所へ行きます。もしやと思いホットカーペットを使うのをやめて様子を見ましたがあたたかい所を避けます。逝かないでほしい気持ちと楽になってほしい気持ちで胸がいっぱいです。脚はつめたく体はむくみ時折痙攣?のように体を動かしてはため息のように息をします。毎日出来るだけ皮下点滴をしに来てと先生には言われましたが自分の体を動かすのもやっとな我が子を病院に連れてく気になれません。でも皮下点滴をしないと栄養がとれません。。。もう看取るしかないのでしょうか部屋の温度を25度~にして加湿器もつけております。なにか出来ないかと思い質問しました。